【寒さ対策リフォーム】部屋の断熱性が大幅アップする「内窓」がおすすめです!

住宅に関する豆知識

内窓で断熱性アップ!一日でできる簡単リフォーム

こんにちは!ライブリーの清水です

まだまだ寒い日が続きますね。
今年はどんなお正月をお過ごしになられたましたか?
ステイホームの今、家で過ごされる方が大半だと思われます。

このページでは、家での時間を快適に過ごす為に、
役立つ住まいの情報をお届けできればと思っております!

今回は断熱性、防音性などの機能をプラスする、「内窓について
インプラスを例としてご紹介いたします。

部屋の断熱性は「窓」で変わる?

開口部である窓からの熱損失は、全体の半分以上といわれています。
“温かい空気は上へ、冷たい空気は下へ”たまる性質があり、
窓辺で冷やされた空気は床にたまり、足元から冷えていきます。
また暖房機器で温めた室内も、窓廻りは外気温の影響を受け、
冷たい空気となり、室温よりも体感温度が低く感じてしまうものです。
窓の断熱性を高めることは、家全体の断熱性を高める重要なポイントなのです。

窓の種類と性能について

窓にはいくつかの種類があり、それにより異なる機能を持っています。
そこで窓枠窓ガラスに分けて、各種類の説明をいたします。

現在使われている窓はどの項目に当てはまりますか?是非ご確認ください!

窓枠(サッシ枠)

  • 木製
    断熱性、気密性が高く、熱が伝わりにくいです
    北欧等の寒さの厳しい地域で、大半を占める普及率。
  • 樹脂製
    熱が伝わりにくく、断熱性が高いです
    熱伝導率はアルミ製と比べて約1/1000になります。
  • アルミ製
    熱が伝わりやすく、断熱性が低いです
    日本で一番多く使用されています。
窓枠は、屋外と屋内を同じ部材で繋いでいるため、
熱の伝わりやすい製品は外の温度がそのまま伝わります
窓まわりの結露の原因にもよく挙げられていますね。

今回紹介するインプラスは樹脂製で熱が伝わりにくいため、
断熱効果、防露効果が期待できます!

窓ガラス

  • 単板(たんばん)ガラス(または板ガラス)
    1枚のガラスで、一般的なもの。
    断熱性が悪く、結露を起こしやすい。
  • 複層ガラス
    2枚以上のガラスを使用した物の総称。
    ガラスとガラスの間の空気層に、乾燥空気またはガスを注入することで
    断熱性を高めることが出来ます。
この様に、熱の伝わり易いガラスだけでは、断熱性は上がらないということが分かります。
現在単板ガラスでも、内窓を取付けることで、今ある窓と内窓の間に空気層が生まれ、
複層ガラスと同様に断熱性を高めることが出来ます

インプラスについて

ここからはインプラスを例とした紹介になります。
インプラスは、LIXIL(TOSTEM)から販売されている、内窓の商品です。

⇓公式ホームページです

内窓が取り付けられる場所

インプラスは、今ある窓の内側に取付けるだけの簡単施工です。
その為、壁を壊さず、スムーズに素早く工事を行うことが可能です。

窓のサイズは、横幅(W)3000㎜、高さ(H)2450㎜までの大きさが対象となります。
また、新しくインプラス用の窓枠を取付けるため、窓台75㎜が必要となります。

また価格帯は、窓の大きさによって変わってきます。

簡単リフォーム、内窓の取り付け方

①窓の大きさを測り、その大きさのインプラスを注文します。
測る場所は、高さ・横幅・鍵の高さの三点です。
ガラスの種類や、窓枠のデザインなど、選択する箇所がいくつかあります。
希望に沿ったものを選びましょう。


②商品が届いたら、部材不備や傷がないか確認をしましょう
初めからついていた傷は、商品不備の為交換してもらえる場合があります。
傷がある場合に、確認が遅くなると、初めから付いていたものか否か分からない為、
届いたすぐに行うことをお勧めします。


③枠の取付
インプラスの枠は、部材が4つと、付属のビスが付いています。
枠の取付には順番があり、縦枠→縦枠→下枠→上枠の順に取付けます。
それぞれの取付向きにつきましては、部材に目印のシールがあります。
確認をして、間違えないように注意しましょう。
下枠上枠を取付ける際は、両端を縦枠に差込むため、
枠をしならせながらの取り付けになります。

下枠のビス固定の注意点です。
付属部品のワッシャー(リング状の物)をビスにはめて一緒に固定をしてください。

④障子の建て込み
引違い窓の場合、外障子と内障子があります。
取付は外障子から行いましょう。
上枠には2つ、外れ止めが付いています。
外れ止めがあると建て込めない為、それぞれ枠の隅に移動させてください。

内窓で快適生活!省エネな断熱性以外の効果

内窓を取付けることでできる、4つの効果を紹介します!

遮熱効果

Low-Eという金属の幕をガラスに取付けることにより、

夏の強い日差しも約60%カット!冷房費の節約にもつながります

結露軽減

既存の窓と内窓の間に生まれる空気層が、室外と室内を隔てる構造になります。
そのため、結露を抑えて、カビやダニの発生を予防することが出来ます!

防音効果

窓を二重にして気密性を高めることで
車の騒音や人通りの多い外からの音、室内の音の出入りを遮ります。
また、既存の窓と内窓の間隔(空気層)を広げることで防音効果がアップします!
間隔が狭い場合はオプションでふかし枠を取付けることも可能です。

目隠し効果

目隠し効果のあるガラスを選択することで、
窓の外から室内を見えにくくします。
型ガラス、フロストガラス等…部屋に合わせられる全6種類です!

まとめ

断熱性を高めることで、冬も夏も快適に過ごすことが期待できます。
最近では、窓枠のデザイン性が高い商品も出てきています。
ライブリーでもインプラスの施工を受け付けております
お気軽にお問い合わせください!

 

コメント